戸畑 宮城県のパーティー

質問者「ひょっとして、戸畑芸能界に入るにあたって売り出し前の人って戸畑、サクラで生活費をまかなっている人が多数いるのでしょうか?」
E(とある芸能人)「そうだと言いますね。サクラで生計を立てるって、宮城県のパーティーシフト比較的自由だし戸畑、僕たちみたいな宮城県のパーティー、急にイベントに呼ばれるような仕事の人種には最高なんですよ。不規則な空時間にできるし、戸畑他じゃできない経験の一つになるし…」
C(あるアーティスト)「貴重な経験になるよね、戸畑女性としてやりとりをするのは易しいことじゃないけどこっちは男目線だから戸畑、自分が言ってほしいことを相手に話せばいい訳だし、男側の気持ちはお見通しだから、宮城県のパーティー男性も簡単に飛びつくというものなのですよね」
A(メンキャバ労働者)「かえって、女でサクラの人は利用者の心がわかってないからぶっちゃけ上手ではないっすよね」
ライター「女のサクラより、宮城県のパーティー男性がサクラをやる方が優れているのですか?」

戸畑 宮城県のパーティーだっていいじゃないか

D(とある芸能事務所関係者)「そうです。優れた結果を残しているのは大体男性です。なのに宮城県のパーティー、僕なんかは女性キャラクターを演じるのが苦手なんで宮城県のパーティー、いっつも叱られてます…」
E(とある人気芸人)「根本的には、宮城県のパーティー食わせものが成功する世ですね…。女性になりきるのがなかなか大変で…俺なんかも苦労してます」
ライター「女性になりきって作っていくのも、かなり大変なんですね…」
女性の人格のどう演じるかのトークで盛り上がる一同。
話の途中で宮城県のパーティー、ある発言を皮切りに、宮城県のパーティーアーティストを名乗るCさんに好奇心が集まったのです。